ダイエット

糖質制限ダイエットについて~ダイエット効果と危険性~

投稿日:

糖質制限ダイエット
糖質制限ダイエットとは、食事から摂取する糖質を少なくして体質・体型を改善していくダイエット方法です。

ご飯や麺類、パンなどの主食を控えるだけなので始めやすく、体重に変化の現れやすい点が最大の魅力でしょう。

ここで紹介する糖質に注目したダイエットは、摂取しないのではなく制限する方法です。というのも、不足すると人の能や筋肉のエネルギー源がなくなり、過剰だとホルモンの働きで脂肪となって蓄積されてしまうためです。

体内の糖質が不足すると、肝臓や筋肉、脂肪に蓄積されているグリコーゲンを分解してエネルギーを作り出します。

脂肪からエネルギーを作り出すのはいいのですが、分解が始まる順番は「肝臓→筋肉→脂肪」で、中でも最も多く分解されるのが“筋肉”です。

筋肉が減ってしまっては、ダイエットに逆効果!太りやすい体質へとなってしまうので注意しなくてはいけません。

糖質を適度に制限し、体質・体型の改善を目指しましょう。

糖質制限ダイエットって効果あるの?

糖質制限ダイエットで本当に痩せられるのか?実際に糖質制限ダイエットを試した人の口コミから効果を検証してみましょう。

糖質制限ダイエットの口コミ

『晩酌をやめて運動も同時にスタート。約3週間経ちましたが5㎏近く落ちましたよ。』
『ゆるめの糖質制限ですが、1ヶ月経過して3㎏くらい痩せました。体重が減っていくのを見ると、俄然やる気が出ます!』
『洋ナシ体型なのですが、思ったように効果が得られず3週間で減ったのは2㎏だけ。緩い制限しかしていないのもありますが、やっぱり運動とかもプラスした方がいいかも。』

糖質制限ダイエットを試した人は、少なからず体重は減らせているようです。

ただ、糖質制限で摂取カロリーを減らせている=脂肪を燃やせているわけではない点には注意が必要です。過剰に制限して体重減量だけを目標にしないよう気を付けたいですね。

ちなみに数字を大きく稼げている人は、運動を取り入れています。糖質制限で食事を見直すほかにも、生活習慣の見直しもした方がよりダイエット効果が高くなりそうですね。

効果的な糖質ダイエットの始め方は?

糖質制限ダイエットは、1食で摂取する糖質を少しずつ制限し、1日のトータル摂取推奨量にとどまる方法で始めていきましょう。

日本人の1日の糖質摂取量は約300gですので、これを1/2・1/3まで減らす食事に挑戦していきます。

仮に1日に摂取する糖質量を約150gにするとなると、1食で摂ってもいい糖質は約50g。お米に換算すると100gちょっと食べてもいい計算となります。

ただ、おかずで摂取する糖質分も考えなくてはいけないので、90gほど(お茶碗半分ちょっとくらい)まで抑えておくとよいでしょう。

あとのメニューに関してはお腹いっぱい食べて大丈夫です。

主食以外に注意したい食べ物:芋やカボチャ・大豆以外の豆類・果物
積極的に摂りたい食べ物は:肉や魚・豆腐などの大豆製品・野菜・ナッツ

お米やパン以外にも糖質を多く含む食材があるので頭に入れておくとよいでしょう。

-ダイエット

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.