ネイル

スカルプチュアとは?やり方やデザインなどまとめ

投稿日:

スカルプチュア やり方
スカルプチュアとは、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜて化学反応を起こさせて硬化させ人工爪をつくるネイル方法です。

自分の爪より長いロングネイルや好きな爪先のネイル、重みのある立体的なパーツ付きのネイルなんかも楽しめます。

メリット

・ジェルネイルに比べて強度があるため、デザインできる形も多い
・爪が短くても長いネイルが楽しめる
・チップのつけ爪に比べて自然な仕上がりになる
・硬く密着度が高い
・ジェルネイルより長持ちする

デメリット

・ジェルネイルより爪へのダメージが大きい
・落とす場合は削るか、アセトンを使って溶かす必要がある
・独特なアクリルのニオイがキツイ
・メニューの中では料金が高め

スカルプチュアの傾向と詳細

最近では、リキッドやパウダーの扱いが難しいことや独特なニオイを発することから、ジェルを使ったスカルプチュアが主流。

ただ、ハードジェルを使用するため、落としたい時は削り落とすという工程が必要となります。ちなみにアクリルを使った場合は、専用の溶剤を使用して落とします。

アクリル、ジェルを使ったスカルプチュアのそれぞれの特徴を簡単に見てみましょう。

アクリルスカルプチュア

最も強度を出せる方法で、比較的長い爪でも問題なく作ることができます。

ジェルスカルプチュア

ハードジェルを使って長さを出す方法です。アクリルより強度が劣りますが、それほど長い爪は必要ない、自分の爪が少し伸びたような自然な仕上がりがいい人に向いています。

ジェル特有の透明度が欲しい場合におすすめです。

セルフOK!ジェルスカルプチュアネイルの基本手順

アクリルの取り扱いは難しいですが、ジェルを使ったスカルプチュアならセルフでも挑戦可能。

とはいえ、ネイルフォームやカーブ作りの棒など専用のアイテムが必要な他、工程も少し長めなのでちょっと大変。もし挑戦する場合は、爪カビが生えないよう消毒をすることにも気をつけたいですね。

簡単に手順を紹介しておきます。

1.自分の爪の長さや形をやすり(ファイル)で整える
2.甘皮を処理する
3.ネイルフォームという長さを出すための画用紙を装着
4.ベースジェルを塗り硬化
5.自分の爪との境目から伸ばしたい分ジェルを塗る
6.自分の爪全体にも塗り、全体的に均一にして硬化
7.ネイルフォームを外し、ジェルクリーナーで固まっていないジェルをふき取る
8.ネイルファイルで周りの形や表面の凹凸を整える
9.ジェルクリーナーで表面をふく
10.カラーや装飾を施す
11.ビルダージェルを塗り硬化
12.トップジェルを塗って硬化で完成

サロンにお任せ!スカルプチュア相場

料金
クリア 7,000~9,000円
フレンチ・グラデーション・装飾 etc. 10,000~20,000円
長さ出し1本 600~1,000円
オフ1本 300円~
時間
カラー・装飾 etc. 2~3時間
オフ 45分~

-ネイル

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.