メイク

ぷるぷる&うるうる涙袋でモテ度アップ!涙袋のメイクアップ方法とは?

投稿日:

プルプル涙袋メイク

涙袋とは文字通り、涙をためておくための場所です。アイメイクを施す際には、まぶただけでなく、涙袋にもしっかりとメイクをする必要があります。この涙袋のメイクの仕方、色合いなどによって顔全体の印象ががらりと変わってきますので、自分にぴったりのメイク方法を見つけておくと、より化粧が上手になって、モテ度がアップすることは間違いありません。

「でも涙袋のメイクって、具体的に何をすればいいの?」
「ぷるっとした感じのメイクにしたいんだけど、どうすればできるの?」

化粧があまり得意でない人、これまであまり化粧をしてこなかった人は気になるところではないでしょうか。そこで当記事では涙袋のメイクアップ方法について解説いたします。

 

アイシャドウで可愛くメイクアップ!涙袋のメイク方法とは

涙袋のメイクに必要なものは「アイシャドウ」と「アイライナー」です。最低限この2つさえあれば、簡単なメイクを施すことができます。

アレンジの仕方は色々とありますが、まずは基礎をしっかりとできるようになりましょう。最初にアイシャドウの使い方をご紹介します。

涙袋のメイクアップ――アイシャドウ編

アイシャドウは、複数の色を重ね塗りする「グラデーション」を作るのが一般的です。これはまぶたのメイクアップも同じですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

 

色を塗る順番

明るい色(シルバーやピンクベージュなど)

中間色(明るいブラウンなど)

仕上げ色(暗いブラウンなど)

となります。明るい色をまずは涙袋に塗り、その上に中間色、仕上げ色と塗っていくのです。

このときのポイントは、塗ったあとにしっかりとブラシなどでシャドウをなじませ、色をぼかしていくこと。

パレットで絵具を混ぜるのと同じような感じ、とイメージしていただければよいでしょう。シャドウの粉っぽさ、水っぽさが残らないように、また全体の色が均等になるように、しっかりとなじませてください。

ちなみに、この色の使い方によって目元の印象が変わってきます。たとえばシルバーなどのラメ感のあるシャドウなら、きらきらと明るい雰囲気になりますし、ピンクベージュと暗いブラウンを組み合わせるとクールな感じになります。

顔立ちや髪型などによって似合うメイクが異なってきますので、色々なものを試して、自分にぴったりのメイクを探してみてください。

【参考動画】

 

涙袋のメイクアップ――アイライン編

続いてはアイラインについて。アイラインにも色々な種類がありますが、ペンシルタイプのアイライナーは小回りがきいて便利です。色はブラックかブラウンが無難でしょう。

アイシャドウでまぶた、涙袋のメイクアップを終えたら、仕上げにアイラインを引いていきます。メイクごとにアイラインの引き方も異なるのがポイントですね。

基本的には、まぶた(アイホールの上辺)にはしっかりと、まつげの生え際に沿ってアイラインを引いていくことになります。

しかし、涙袋の上(アイホールの下辺)には、アイラインを引かないケースもあります。

目をしっかりと強調したい場合は引きますが、ナチュラルな雰囲気を出したい場合には引きません。

ただし、鼻頭側数ミリにラインを入れ、目の形を際立たせるというのはどのメイクにも共通していることです。涙袋側のアイラインは全部入れるか、もしくは鼻頭側の数ミリに、気持ち程度に入れるものだと考えてくださいね。

涙袋のメイクアップ――上級編

メイクの基礎を覚えたら、次は涙袋の本格的なメイクアップに挑戦してみましょう。用意するのは「ブラウンのアイライナー」「ハイライトカラー」「ラメアイシャドウ」の3つです。

まず涙袋の形を縁取るように、涙袋のふくらみの下の部分をアイライナーでなぞります。こうすると「私の涙袋はここですよー」というアピールになるわけですね。

要はぷるぷる涙袋を強調してやろうという試みです(笑)

涙袋を縁取ったら、そのラインを綿棒でぽんぽん叩いて色をなじませます。そのあとにハイライトカラーを涙袋に乗せましょう。他の皮膚と少しだけ色合いを変えることで、涙袋のぷっくり感がより強調されます。色はベージュやピンクなどがおすすめです。

ハイライトカラーを乗せましたら、仕上げにラメアイシャドウを重ね塗りして完成です。

これで「ぷるぷる」「うるうる」の可愛い涙袋が完成しました。ナチュラルメイクや、可愛い系のメイクとあわせるといっそう魅力が引き立ちます。

髪型や髪色、服装などにもこだわれば、ふんわりかわいい女子の完成です。

顔の部位のなかでは涙袋はごく小さなものですが、その部分的なメイクの仕方によって自分の印象をがらりと変えることもできるのです。今までよりももっと魅力的な女性になれるかもしれませんよ。

 

まとめ

以上、涙袋のメイクアップ方法をご紹介いたしました。アイシャドウ、アイラインでメイクアップをするのが基本ですが、少し慣れてくれば、ぷるぷる涙袋をアピールする上級テクニックも使えるようになります。ナチュラル系や可愛い系メイクとの相性はばっちりですので、ぜひ皆さんも涙袋のメイクアップ方法を練習してみてください。モテ度が格段にアップすることは間違いありませんよ。

-メイク

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.