ネイル

ネイルチップの作り方!サイズやデザインなどまとめ

投稿日:

ネイルチップの作り方
ネイルチップは、あらかじめ作られた人工爪を両面テープやグルーと呼ばれる接着剤で自分の爪にはるつけ爪のことです。

好みの色やデザイン、装飾をオーダーしたチップをつけてもらえるほか、既製品を使えば自分でも気軽におしゃれなネイルを完成させることができます。

メリット

・爪を伸ばせない、仕事上ネイルできない人でも簡単にネイルが楽しめる
・両面テープなら剥がしやすく、再利用できる
・接着剤を使えば、密着度が高く自然な仕上がりになる
・爪に優しい

デメリット

・両面テープによる接着だとはがれやすい
・接着剤による接着だと落とすときに溶かす必要があり、チップの再利用はできない

ネイルチップの傾向

装飾ができるプレーンチップや既にデザインされたアートチップは2,000円くらいで手に入るほか、カラーや装飾のしやすさ、取り付けやすさから自分でネイルチップをつくる人も増えています。

一方、サロンでのネイルチップもまだまだ人気。自分の爪にあうよう微調整してもらえるためフィット感があり、キレイな仕上がりになります。

好きなデザインをオーダーできる、人と被らないハイクオリティなデザインが楽しめるという点でも利用する人は多いようです。

セルフOK!ネイルチップを自分で楽しむ場合

デザイン済みのネイルチップならネイルシールで手軽に装着。あっという間におしゃれな手元に変身させることができます。

既製品はイヤ、自分でデザインしてみたいという人はプレーンチップを購入して作ってみましょう。

簡単にネイルチップの自作手順を紹介しておきます。

1.ネイルチップを自分の爪にあて、爪やすりで大きさや形を整える
2.ネイルスタンドにチップを固定し、マニキュアを塗り乾かす(2度塗りがおすすめ)
3.乾いたらパーツなどを使って装飾する
4.トップコートを塗って乾かす
5.爪に取り付ける:ネイルシール(推奨)をチップの裏側につけ、爪にギュッと押し当てるだけ。根元がずれないよう注意しましょう。

サロンにお任せ!ネイルチップ希望時の流れ&詳細

サロンでネイルチップを作ってつけてもらう場合は、事前に打ち合わせを行う必要があります。

1.カウンセリング&爪に合うチップ合わせを行う
2.デザインを選ぶ
3.次回来店日時の予約
4.予約日に受け取り、付けてもらう

料金相場
基本料金 2,000~4,000円+デザイン料金
時間
打合せ 1~2時間
製作に要する期間 1~3週間
受取、装着時間 1時間程度

-ネイル

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.