ダイエット

話題の「筋肉ダイエット」とは?やり方や効果、最新口コミまとめ

投稿日:

筋肉ダイエットの効果
筋肉ダイエットとは、体の筋肉量を増やして痩せやすい体質に改善しようというダイエット方法です。
筋肉量が増えると、

・運動していない間も脂肪燃焼効果が期待できる
・すぐに代謝をあげることができる
・体のラインが引き締まる

といったダイエット効果が期待できます。また、短い時間でできる・毎日継続しなくてもいいといった点も魅力となっています。

筋肉を増やして、日常的な動作でも寝ていても脂肪を燃焼できる身体を目指しましょう。

筋肉ダイエットって効果あるの?

実際に筋肉ダイエットを試した人の口コミから、期待できる効果を検証してみましょう。

筋肉ダイエットの口コミ

『インドア派なので、これなら続けられるなと思い始めました。最初は1、2回が限度でしたし筋肉痛にも悩みましたが、体のラインが変わったような気がします。』
『お尻や太ももの大きさが気になったので、下半身を中心に筋肉ダイエットをしています。筋肉痛がつらいですが、その分効いているなという励みに。毎日でなくていい点も助かります。』
『はじめて1週間経ちましたが、体のラインが少し変わった実感があります。』

何kg減!といった口コミはありませんでしたが、筋トレによってボディラインが変わったという効果を得ている人が多いですね。

中には、二の腕や内ももなど気になる部位から始められる、自分のペースでできるという取り組みやすさを評価している声もありました。

ちなみに筋肉がつきすぎてムキムキになる心配をする方がいますが、よほどの負荷をかけない限りバキバキの体にはなりません。

女性の方も積極的に取り組んでほしいダイエット方法です。

効果的な筋肉ダイエットの始め方は?

筋肉ダイエットを行うなら、高い負荷をかけて短時間に行うのがおすすめです。軽い負荷で何十回・何百回こなすより、10回が限度と感じる負荷をかけた方が効率的に効果が得られるためです。

できるかできないかのギリギリの筋トレを10回×3セット行うと、より高い効果が得られるでしょう。

部位ごとのおすすめ筋トレを紹介しておきましょう。

太ももやお尻にはスクワット

足を肩幅に開き、背筋を伸ばしたまま太ももが床と並行になるまで腰を沈めてゆっくり戻る。手は後頭部で組むのが基本姿勢ですが、両腕を前に伸ばす・ダンベルを持つなどで負荷を加えるとよいでしょう。

お腹には足上げ腹筋

腹筋を鍛えるなら1人でできる足上げ腹筋がおすすめです。仰向けに寝そべり、両手を少し広げて両足を揃えてゆっくり上にあげ、ゆっくり下げる。直角まであげるのが理想ですが、限界までで大丈夫です。

ただし、動作をゆっくり行うことと下腹の筋肉を意識して行うようにしましょう。

腕には腕立て伏せ、ダンベル運動

二の腕や肩周りに効果的なのが、腕立て伏せやダンベル運動です。腕立て伏せは日頃運動していないと1回もできない方がほとんどでしょう。そこではじめは膝をついて行ってください。

体が床につくまでゆっくり下がり、ゆっくり元の位置に戻る動作を繰り返し、スムーズにできるようになったらつま先立ちの腕立て伏せに切り替えましょう。

体重の負荷がキツイという方にはダンベル運動がおすすめです。仰向けになってダンベルを両手に持ち、二の腕や肩の筋肉を意識しながらゆっくり上下運動を行いましょう。

背中にはバックエクステンション

背中の筋肉を鍛えたい場合は、背筋が効果的です。両手を後頭部で組んでうつぶせになり、息を吐きながら反ります。

限界のところで少し静止し、ゆっくり戻ります。背筋を使う際にお尻や太ももの裏の筋肉も意識できるとより効果が上がるでしょう。

これらの筋肉トレーニングは毎日行う必要はありません。というのも、筋肉は限界まで使い込むことで壊れ、以前よりも強い筋肉にまで回復させる(超回復)ことで強くなっていくためです。

週に2、3回が目安。筋肉量を増やして引き締まった体を手に入れたい人におすすめなダイエット方法となっています。

-ダイエット

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.