ネイル

ジェルネイルのやり方や人気のデザインについてまとめ

投稿日:

ジェルネイル
ジェルネイルとは、合成樹脂でできているジェルを爪に塗り、UVライトやLEDライトをあてて硬化するネイル方法です。

ジェル特有のキレイなツヤ感やプックリ感を楽しみたい人におすすめです。

ジェルネイルのメリット

・ポリッシュに比べて長持ちする
・ライトで硬化するため、塗りたてでもネイルがよれたりくっついたりする心配がない
・透明感や光沢感がキレイに出る
・ふっくらした立体感のある仕上がりになる
・ニオイがほとんどない
・色を混ぜてオリジナルカラーが作れる
【デメリットは?】
・下処理で削る場合、爪に負担が大きい
・長さを出し過ぎると折れる(特にソフトジェル)
・削らないと落とせないジェルネイルもある

ジェルネイルの傾向と詳細

ジェルネイルでは、爪とジェルの密着度を高めるために爪を削って凹凸をつけるという下処理を行います。

最近ではこの工程を必要としないソフトジェルも出ており、ハードジェルよりソフトジェルを使ったジェルネイルの方が主流となっているようです。

それぞれのジェルについて詳しく紹介しておきましょう。

ハードジェルネイル

ハードジェルの一番の魅力は強度。その特性を活かして自分の爪に長さを少しプラスしたり、好みの形の爪先を作ったりすることができます。重みのあるデコレーションパーツも問題なくつけることができます。

また、ソフトジェルに比べると長持ちする点も魅力ですね。ただし、ハードジェルの難点はリムーバーでは落とせないという点。

削って落とす必要があり、爪が傷みやすいというデメリットがあります。

ソフトジェルネイル

ハードジェルの後に誕生したネイルジェルで、現在はジェルネイルと言えばソフトジェルネイルを指すことが多いです。

一番の魅力は爪への負担が少ないこと。柔軟性に長け保護する役割もあるため、爪が弱くて伸ばせない人にもピッタリ。専用リムーバーで落とせるのも爪に負担をかけないポイントとなっています。

ただ、ハードジェルに比べて強度が劣るため、家事などを頻繁にこなす場合は剥がれやすいようです。

ソフトジェルの種類

カルジェル

ジェルの中で最も軽い付け心地で自然な見た目の仕上がりになるカルジェル。ネイルをしているという違和感が苦手な人におすすめです。
水分を透過する特徴があるためカビが発生しにくく、ネイルの浮き上がりもそこまで心配する必要がありません。ニオイも強くないという点でもネイル初心者におすすめです。

バイオジェル

ソフトジェルの中で最も硬度を出せるのがバイオジェル。爪へのダメージを抑えつつハードジェルのようなアート、長持ちさせたい人におすすめです。
カルジェル同様、水分を透過する特徴があるため、カビが発生する心配もほとんどいらないでしょう。

パラジェル

ソフトジェルの中で最も発色がキレイで色持ちが長続きするパラジェル。プロじゃないとなかなか扱いにくいジェルのようです。
キレイなネイルで人気のあるパラジェルですが、水分が苦手。透過しないので他の2つに比べてカビが発生しやすいです。水仕事などは避ける、頻繁なケア、早めのオフといった手間が必要になりますが、キレイなソフトジェルネイルを求めるならパラジェルがおすすめです。
また、パラジェルは下処理で自分の爪に傷をつける工程が必要ないという特徴を持っています。自分の爪は傷つけたくない、弱いので下処理工程は省きたいという人におすすめです。

セルフOK!ジェルネイルの基本手順

ジェルネイルは初心者でも挑戦することができます。ポイントは、ベースジェル・カラージェルを塗る際に、サイドと爪先のエッジまでしっかり塗ること。ムラなく均等に塗るよう注意したいですね。

簡単に手順を紹介しておきます。

1. 甘皮処理や形を整えるなどの下処理をする
2. サンディングして爪に凹凸をつける(ジェルと爪の密着度を高める工程)
3. ベースジェルを塗り硬化
4. カラージェルを塗り硬化(2回ほど繰り返すのがおすすめ)
5. トップジェルを塗って硬化
6. 未硬化ジェルをふき取って完成

サロンにお任せ!ジェルネイル相場

料金
クリア 4,000円~
単色カラー 5,000~7,000円
装飾入り 10,000~15,000円
長さ出し1本 300~1,000円
オフ1本 200円
時間
カラー・装飾 1時間~1時間半
+長さ出し 1時間半~2時間
オフ 30分~

-ネイル

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.