メイク

いつもと違いすぎて不安!?ブライダルメイクが基本濃いめの理由

投稿日:

ブライダルメイク
結婚式に際して行うメイクのことを「ブライダルメイク」と言います。これは通常のメイクとは異なり、その後の結婚式でのあらゆる出来事を想定して施されるものです。

基本的には結婚式のスタッフが行ってくれますが、いざメイクをしてもらうと、

「え、ちょっと化粧が濃すぎない?」
「いつもと違い過ぎて、どう思われるか不安……」

とびっくりしたり、不安になったりすることもあるようです。

当記事ではブライダルメイクが普段のメイクとは大きく異なっている理由や、ブライダルメイクにおいて重要なことなどをお話しいたします。

ブライダルメイクはどうして普段のメイクと違うの?

ブライダルメイクをしてもらったときに、濃すぎる、いつもと違いすぎるとビックリする女性も多いようです。それもそのはず、ブライダルメイクは基本的に「濃いめ」にするものなのです。

ではなぜブライダルメイクは濃いめにするものなのか、その理由をお話ししたいと思います。

理由その1:ドレスに負けないようにするため

結婚式で新婦はウエディングドレスを着用することとなります。真白でふんだんにレースを使用したドレスはとても美しいのですが、それによって女性本人が少々地味に見えてしまうというデメリットもあります。

たとえば普段のナチュラルメイクでウェディングドレスを着た場合、ドレスと化粧とのつり合いが取れず、実際にはそうではないのに、女性本人が地味に見えてしまうのです。

そのデメリットを解消するためにブライダルメイクは濃いめに施されます。

下地、ファンデーション、コンシーラー、アイラインやアイシャドウなど、化粧の手順は普通とそれほど変わりませんが、できるだけ派手に、ドレスに負けないような仕上がりにするのが一般的です。

結婚式のメイクはリハーサルをすることも多いと思います。そのとき仮に私服でメイクのリハーサルを受けたとすると、私服に対してそのメイクはかなり派手に感じますから、違和感を覚えるかもしれません。

しかし実際には、ドレスを着たときにちょうどよくなるように調整されたメイクですから、何も不安を感じることはありません。

理由その2:結婚式では涙を流すことも多いから

結婚式では、父母や友人のメッセージが読み上げられることが多いです。そのときに涙を流してしまうという方は決して少なくないでしょう。

ブライダルメイクは、そうしたことも想定して施されています。要は多少濡れたくらいでは落ちないくらいの、しっかりとしたメイクをしなければならないということです。

これもひとつブライダルメイクが濃いめになされる理由であると言えるでしょう。涙を流したときに化粧が崩れてしまっては、せっかくの晴れ舞台も台無しになってしまいます。

濡れても問題がないようなメイクをするのが一般的です。

理由その3:写真写りを良くするため

第三の理由は「写真写りを良くするため」です。結婚式ではビデオや写真などが撮影されることになります。そのときの写りを良くするために、ブライダルメイクは少し濃い目にするのが普通です。

一生に一度、どんなに多くても数回しかない晴れ舞台ですから、できるだけ写真写りがよくなるように、隙のないメイクアップを行うのが一般的なのです。

また、これと関連するところで「遠くから見たときにも綺麗に見える」ということもブライダルメイクの重要な観点だと言えるでしょう。

結婚式の参加者はもちろん、後方から撮影される動画・写真の写りを良くする、目立つようにするということも、濃いめのメイクアップを行う理由のひとつです。

ブライダルメイクで重要なこととは?注意点ってある?

それではブライダルメイクで重要なことをいくつかご紹介したいと思います。

ブライダルメイクのリハーサルまでに、あるいはリハーサル時に、以下のことを実践するようにしてください。

①理想的なメイク・ヘアスタイルを考えておき、必要であれば写真等を用意する
②肌が弱かったりする場合にはそのことをスタッフに伝えておく
③普段愛用している化粧品があれば、いちおうリハーサル会場に持って行く
④メイクアップ担当の方に希望があれば伝える、相談する

これらがブライダルメイクで重要な項目です。ドレスに合うメイク、ヘアスタイルは基本的にスタッフがプランニングしてくれますが、もし何か希望があれば、写真を用意するなどして「こうしたい」とスタッフに遠慮なく伝えるようにしましょう。お肌が弱いなどの体質についても事前に伝えておいたほうが無難です。

そしてメイクアップリハーサルの際には、普段愛用している化粧品をいちおう持って行ったほうがいいかもしれません。

普段どんな化粧品を使っているか、つまりどのような化粧品と相性が良いのかは、メイクアップアーティストにとって重要な問題です。愛用している化粧品を持って行けば、担当者がそれを判断しやすくなるのです。

最後に、何か希望があればしっかりと伝えること。せっかくの晴れ舞台なのですから、何か希望があれば遠慮せずに伝えましょう。

ブライダルメイクまとめ

以上、ブライダルメイクについてお話しいたしました。ブライダルメイクは色々な理由から普段よりも濃いめに設定されているんですね。

いつもと違うな、濃すぎるなと思ってもドレスを着たときにちょうどよくなりますから、ご安心ください。素敵な結婚式にしてくださいね!

-メイク

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.