メイク

メイク初挑戦なら要チェック!ベースメイクのやり方と必要な化粧品まとめ

投稿日:

ベースメイク
ベースメイクは化粧のなかで最も重要です。ベースメイクの仕方によって、肌の質感、陰影、つや感、血色感などが決まります。

化粧をあまりしたことがない人は、まずはこのベースメイクを上手にできるよう練習してみましょう。

「でも、ベースメイクって何を使ってすればいいの?」
「どうやればうまくできるの?」

当記事ではベースメイクのやり方や、使うべき化粧品などをご紹介いたします。当記事をチェックして、皆さんもベースメイクのスキルアップに挑戦してみてくださいね。

まずは化粧品を揃えよう!ベースメイクに使用する化粧品は?

それではまずベースメイクを行うのに必要な化粧品をご紹介いたします。

基本的には以下の3つを揃えればOKです。

①下地用の化粧品(ベースと付く化粧品)
②コンシーラー
③ファンデーション

化粧の上手な人は、これに加えてフィルターカラーと呼ばれる着色料を用いて、顔全体の色合い、印象を調整します。

最初のうちは調整が少々難しいと思いますので、まずは上記3つの化粧品を使ってナチュラルメイクに挑戦してみましょう。化粧品にはたくさんの色がありますが、基本的に自分の肌の色に近い色を選べばOKです。

なお、化粧を完成させるにはこれとは別にアイライン、アイシャドウ、リップ、チーク(仕上げ)などが必要となりますが、ここではあくまでベースメイクについてお話しいたします。

上記のベースメイクだけでお化粧がすべて完了するわけではないので、注意してくださいね。

まずは下地をしっかりと

化粧品を揃えたら、まずは下地を作っていきましょう。ベースメイク用の化粧品を手にとって、顔全体につけていきます。

指の腹で顔の内側から外側へとむかって塗っていくのがポイントです。量が多すぎると腫れぼったくなってしまいますから、つけすぎには充分注意してください。

ポイントとしては、目のまわりや鼻の横など、塗りにくい部分にもムラなく塗っていくこと。そして生え際や首との境目は気持ち薄めに下地を作っていくことです。

なぜ生え際や首との境目はすこし薄めにするのかというと、化粧の色と本来の皮膚の色は完全に一致しないからですね。薄めに塗って境界線を曖昧にする、ぼかすことで自然な仕上がりとなります。

下地が完成しましたら、次はコンシーラーで気になる部分をカバーしていきましょう。

コンシーラーで目のくまや毛穴をカバー

コンシーラーの役割は基本的には化粧下地と変わりません。化粧下地と違うのは、細かな部分に塗りやすいということです。

コンシーラーは筆のようになっていて、その毛先に染料がついています。その筆を使って、指では塗りにくい部分、たとえば目の下などのデリケートな部分を補っていきます。

寝不足のせいで目の下にくまがあったり、しみ・そばかすが生え際にあったり、あるいは鼻の際の毛穴が開いていたりと、指できれいにベースを塗るのが難しいケースは多々あります。そういった場合に役立つのがコンシーラーなんですね。

先ほどの化粧下地の行程で「うまく塗れなかった」と思う部分をコンシーラーでカバーしていきましょう。

ファンデーションをつければ完成

あとはファンデーションをつければベースメイクは完成します。ファンデーションも化粧下地と同じように、顔の外側に行くほど薄くなるように、つまり生え際や首との境目があいまいになるように調整してください。顔の内側から外側へとつけていくのがうまくするコツです。

ファンデーションをつけましたらベースメイクは完了です。どうでしょう、自然な仕上がりになっているでしょうか。

ベースメイクをする際の注意点やポイントとは?

化粧の基本となるベースメイクでも、意外と気を遣うことは多いですし、使用する化粧品も多いです。

特に化粧慣れしていない人は、最初のうちはどうしてもつけすぎて、厚ぼったい腫れぼったい感じの仕上がりになってしまうことが多いでしょう。

そこでこの章ではベースメイクを行う際の注意点、ポイントをご紹介します。

どれくらいの量を使ったか必ず覚えておくこと

目分量で化粧を行っていると、初心者のうちはとてもうまくいったり、いかなかったりと繰り返します。昨日はうまくできたのに、今日はうまくできないということもあるのです。

その理由は、うまくいったときにどれくらいの量の化粧品を使用したのか覚えていないからです。毎回「このくらいかな?」と想像で化粧をしているので、うまくいったりいかなかったりするのです。

ですから化粧をする際には、何をどれくらい使ったのか、どうすればうまくいったのか、覚えておくようにしましょう。

どうしてもうまくいかないときは極力薄塗りを意識する

学校に行かなくちゃいけないのに化粧が決まらない。最初のうちはそういうことも多いと思います。

それでへたくそな化粧をしたまま学校へ行って友達にからかわれる、なんてこともあるかもしれません。

どうしてもうまくいかない、でも化粧はしていきたいときは、極力薄塗りを心掛けてください。塗るのをできるだけ少ない量に留めるということです。

そうすると意外と自然な仕上がりになることが多いんですよね。がっつりメイクは時間のあるときに練習しましょう。

以上、ベースメイクについてお話しいたしました。皆さんもぜひ試してみてくださいね。

-メイク

Copyright© 【モテ女子育成2019】5分で解決!今ドキ女子がやっている美容テク , 2019 All Rights Reserved.